忘れないで!賃貸探しの際に見ておきたい3つの事

家賃の相場を確認しておこう!

賃貸を探す前に、不動産会社や賃貸情報が載っている雑誌などで家賃の相場を確認しておく事は大変重要です。なぜなら家賃の相場を知らないと、気に入った物件の家賃が高いのか安いのかが分からないためです。同じような物件であっても、家賃に大きな差がある場合もあります。また契約した後にその物件の家賃が高い事に気付いたとしても遅いので、事前に確認をしておくようにしましょう。また反対に安すぎる物件は、訳ありの可能性も高くなりますので注意しておく必要があります。

家賃以外にかかってくる費用を確認しておこう!

マンションによっては家賃以外に共有費や管理費が必要となってくる場合もありますので、契約する前に家賃も含めて毎月どのくらいの支払いになるのか確認しておく必要があります。他にも駐車場が必要となる場合には、その賃料も忘れないように確認しておきましょう。中には駐車場の賃料が高い所もありますので、その場合には近くにある月極め駐車場を利用する方が良い場合もあります。また毎月必要となる光熱費や通学や通勤に使う交通費も含めて計算しておくと良いでしょう。

家賃を交渉してみよう!

家賃は交渉する事が可能となっています。そのためには家賃の相場をしっておく必要がありますので、事前に確認しておきましょう。特に7月から9月は引越しする人が少ない傾向にあるため、マンションに空き部屋が出来る可能性が高くなります。しかし大家さんにとっては、空き部屋を出来るだけ作りたくないため、家賃を少し安くしてでも誰かに入居してほしいと思うため、家賃を交渉するのにベストな時期となるのです。家賃の交渉をする際には、大家さんとの接点が深い仲介業者へ頼むといいでしょう。

賃貸は購入するよりも気軽です。飽きたり、万が一気にならない条件が出た場合は簡単に引っ越しができます。